ブロッコリーは栄養価が高く、優良な野菜

比較的に寒い時期の野菜であるブロッコリーは、栄養価が高い為毎日食べていきたい優良な野菜となります。

ブロッコリーは、アブラナ科の野菜であり、キャベツや大根、白菜や青梗菜などと同じ種類となります。ビタミンCが豊富でありながら、ビタミンB1、B2、ビタミンE、カリウム、クロム、鉄なども豊富に組まれている栄養価の高い野菜となります。

特に注目されているのは発ガン物質の毒性を抑えてくれる効果です。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、発ガン予防効果があります。ブロッコリーをすりつぶして肌に塗ることによって皮膚がんにも効果がある事がわかっています。

ブロッコリーはつぼみの部分だけでなく、茎の部分も食べる事が出来ます。特にビタミンCやカロテンなどは茎の部分に豊富に含まれているので、茎の部分も上手に調理していくようにします。

茎の部分はつぼみの部分よりも硬いため、調理の際には煮込む時間をずらす等の対策が必要となります。ブロッコリーはあまり加熱をしすぎると食感がなくなってしまうため、炒め物などをする際には、表面を強めに加熱するだけで調理を完了するようにします。

ブロッコリーは茹でて調理をする事が多いですが、茹でた後にもビタミンCを多く確保できる食材であるため、温野菜などに向いています。そして、シチューなどの煮込み料理に入れても、見栄えが良くなったり、食感を高める為の食材としても有効です。

ブロッコリーは、細かくカットすることにより、マヨネーズをつけて食べるサラダに向いています。ポテトサラダにトッピングする調理スタイルや、和風の味付けでお浸しなどにも向いているので、効果的にビタミンCを補給できる1品料理に向いています。

美味しいブロッコリーを選ぶには、粒の立っている詰まっているものを選ぶようにします。緑色が際立って濃くてカットされている切り口を確かめ、まだみずみずしくて黒ずんでいない切り口となっているブロッコリーが新鮮となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です