中性脂肪をコントロールして体質改善!食事の見直しが効果的!!

健康診断やテレビなどで、中性脂肪について耳にした事のある方は多いでしょう。中性脂肪が多いと良くないと漠然と知っていても、実際何が原因なのか、どうすれば中性脂肪値が下がるのかなど、疑問はいっぱい。

もそもそも中性脂肪とは何でしょうか?食事をして体に取り込まれる脂肪は、体を動かすためのエネルギーとして使われますが、多く摂取する事で使い切れなかったエネルギーが中性脂肪として、体に蓄積されていきます。

特に、ジュースやお菓子など糖分の多いものや、揚げ物などの脂分の多いもの、精製された白いパンやうどん、ご飯などの炭水化物は急激に血糖値を上げ、インスリンが多量に分泌されます。通常ですと、このインスリンがエネルギーとして、各細胞に糖を運んでくれるのですが、行き渡った後も残っている糖は、脂肪細胞に送り込まれ、脂肪となって蓄積されていきます。

これが中性脂肪と呼ばれるものです。また、アルコールも、アルコール分解のために働く酵素の働きを低下させるため、中性脂肪を増加させてしまいます。

では、この中性脂肪が増えると、どうなってしまうのでしょう?

中性脂肪は血液中の善玉コレステロールを減少させる働きがあります。この善玉コレステロールは、余計なコレステロールを除去してくれているのですが、善玉コレステロールが少なくなってしまうと、悪玉コレステロールばかりが残ってしまい、血がどろどろになり、動脈硬化などの原因になってしまいます。

では、この中性脂肪、何に注意すれば良いのでしょうか?1番の対策は、暴飲暴食を防ぐ事です。過度に摂ったエネルギーが分解されずに残り、中性脂肪になって蓄積される事はおわかりいただけたでしょうか?食事に気をつける事で、大きく改善できるでしょう。

効果的なのは、野菜やこんにゃくなどの食物繊維の豊富な食材です。特に、大豆や海藻類、きのこ類はカロリーも低いので、積極的に摂ると効果的です。また、さんまやいわし、さばなどの青魚に含まれる、DHAやDPAも中性脂肪を下げる働きがある事でも有名ですね。

他には、ポリフェノールを含むウーロン茶や皮付きのリンゴ、納豆、ナッツ類などがお勧めです。ドレッシングなども、油の入ってないものを選びましょう。

普段から、お肉は脂肪分の少ないものを選び、揚げ物を減らしたり、食物繊維を積極的に摂る事に気をつけ、暴飲暴食を避けるようにしてください。

そして、適度な運動をする事が過度に摂ったエネルギー消費にもつながりますので、普段の生活を見直す事が大きな改善につながります。中性脂肪を下げるために正しい知識を身につけ、長期に続ける事が大切ですね。

お子様達でも抵抗なく飲める青汁が様々

野菜が有する栄養の量は、旬の時季なのか時季じゃないのかで、驚くほど違うということがあり得るのです。そんな理由から、足りなくなると思われる栄養を補うためのサプリメントが必要不可欠だと考えられるのです。

どのような人でも、1度は聞いたことがあったり、リアルに経験済だと思われる“ストレス”ですが、果たして真の姿というのはどういったものなのか?あなた達はマジにご存知でしょうか?
血液のめぐりをスムーズにする働きは、血圧を通常に戻す作用とも関連性があるわけですが、黒酢の効果・効用の中では、何より重要視できるものだと断言できます。

健康食品と呼ばれるものは、いずれにしても「食品」であって、健康増進を図れるからといって、医薬品みたいな効能を標榜することがあったら、薬事法に引っかかることになり、業務停止や、状況次第では逮捕に追い込まれてしまいます。

常々多忙状態だと、ベッドに入ったところで、どうも寝付くことができなかったり、何度も起きることが原因で、疲労を回復できないみたいなケースが多々あるでしょう。

バランスが整った食事は、それなりに疲労回復には大切な要素ですが、その中でも、際立って疲労回復に効果のある食材があるのをご存知ですか?なんと、よく耳にすることがある柑橘類なんです。

フラボノイドの量が多いとされるプロポリスの作用が調査され、人々が注目し始めたのはちょっと前の話なのですが、今では、ワールドワイドにプロポリスを含有した健康補助食品が注目を集めています。

健康食品とは、日々食べている食品と医療品の両方の性格を持つものと考えられなくもなく、栄養分の補給や健康保持を期待して服用されることが多く、普通に食べている食品とは違った形をした食品の総称なのです。

黒酢は脂肪を減少させる他、筋肉の増大をサポートします。要するに、黒酢を取り入れれば、太りづらい体質になるという効果と痩せられるという効果が、両方手にできると断言します。
しっかりと睡眠を確保するためには、ライフスタイルのひずみを修正することが必要不可欠だと言明する人もいるようですが、これ以外に栄養を三度の食事で取り入れることも大切なのは当然です。

普通の食べ物から栄養を補給することが難しいとしても、サプリを摂り込めば、手早く栄養を足すことが可能で、「美&健康」が自分のものになると信じて疑わない女性の方が、ビックリするぐらい多いのだそうです。

各社の頑張りで、お子様達でも抵抗なく飲める青汁が様々並べられています。そういう背景から、ここ最近は全ての世代で、青汁を選ぶ人が増えているようです。
20歳前後という人の成人病が例年増えるばかりで、この病気の要因が年齢のみにあるのではなく、通常生活の色々な部分に潜んでいるということで、『生活習慣病』と言われるようになったのだそうです。

体に関しましては、外部刺激に対して、どれもこれもストレス反応を起こすわけではないと公表されています。そのような刺激そのものがそれぞれの能力を上回り、どうすることも出来ない時に、そうなってしまうわけです。

ローヤルゼリーは、少ししか取ることができない類稀な素材になります。科学的に作った素材ではありませんし、自然界で取れる素材であるのに、いろいろな栄養素を保持しているのは、ホントにすごい事なのです。

便秘にならないような体をつくっていきたい

最近便秘に悩んでいて自力では排泄できません。

4、5日は普通で今回は一週間でませんでした。最近では下剤を飲んでも日にちがかかるようになりました。原因はわかっています。それは以前消化器関係の病気で入院しました。病名ははっきりわからないのですが、一日に下痢が7、8回ありそれが10日続きました。それで病院に行くと医師から入院して様子を見ましょうと言われ、入院することになりました。

24日間3絶食です。腸の動きを止める点滴や薬を飲んで過ごしました。24日を過ぎると少しずつ、口に入れる栄養のある飲み物やおかゆを食べ始めました。退院するまで1か月半かかりました。下痢は治りましたが、はっきりとした原因は今でもわかりません。ただ便秘の原因は今の便秘は今も飲み続けている薬だと思います。消化管のけいれんを抑制する薬を多く飲んでいるからだと思います。

3か月に一度診察を受けに病院に行きます。医師は下痢が落ち着いていることが良いと薬を止めさせてはくれません。便秘が長いと訴えても下剤を処方してくれるだけです。

自分で出来ること

それで最近では自分で出来ること。例えば仕事を終えて帰ってきてすぐに、お腹を中心に運動をします。最初はストレッチや腹筋柔軟体操、それが終わると左右の指で、へそからみぞおちにかけて、下ろします。その後お腹のあたりを時計回りに円を描くように指の腹で30回まわします。それを毎日続けています。

家族の助け

家族には食事に気を使ってもらっています。繊維質の多い野菜を多く摂るようにしています。また乳製品を使った料理(シチュー等)を作ってもらっています。それと医師からは嫌がれますが、たまに刺激の強いカレーライスを作ってもらいます。

胃が活性化するのではないかと思いまして食べています。医師からは刺激のあるものは摂らないように言われています。例えばカレーライス、コーラ、コーヒーです。でも私はカレーもコーラもコーヒーも全部大好きです。医師に怒られそうです。なので今は以前よりセーブしながら食べたり飲んだりしています。下痢の時はそれは大変でした。

食事が終わったら、もようしてすぐトイレに行く。体重は減る。集中力が無くなる。良いことはありません。しかし今は便秘に悩ませています。排泄が思うように出来ないため、お腹は出てしまい体重も増えています。体操は毎日しているので、メタボ腹ではないと思いますが気になります。今後も食事や体操をして、便秘にならないような体をつくっていきたいと思います。

ダイエットは食事と運動だけでなく、マッサージも重要

「明日からダイエットをしよう!」と思った人が1番初めに行うダイエット法が食事制限や食事に気を付ける事だと思います。

食事制限や食事に気を付けることが慣れてくると運動をプラスし始める方がほとんどです。ですが意外と皆さんが取り入れていないダイエット法が「マッサージ」と「ストレッチ」です。食事制限などをして体重が減ったとしても脂肪は落ちずについたままです。そして運動をプラスして運動後にマッサージやストレッチをしない事でこれも筋肉の上に脂肪がついてしまい余計に足が太くなってしまいます。

ダイエット中に最適なマッサージ方法は「揉めばいい」「強くマッサージすればいい」というモノではなくて足のマッサージの場合は足の裏から太ももの付け根にかけてゆっくりと撫でるよりも少し強めの力で下から上に向かってマッサージをします。アキレス腱と膝裏、太ももの付け根にリンパ腺があるのですが、リンパ腺はゴリゴリ押すのではなくてさする程度でも浮腫んで詰まっている血流が流れ、血流の循環が良くなります。ダイエット中にこのマッサージを毎日することによってより脂肪が落ちやすくなります。

もし「毎日マッサージするのはめんどくさい」というめんどくさがり屋さんは「やりたくない!」と思った日は足を下から上に擦るだけでも微弱ではありますが効果はきちんとあります。ストレッチは自己流であっても、数秒しかやらなかったとしても足をメインのストレッチをすることで美脚効果が得られます。ストレッチもマッサージもやったからといってすぐに効果が表れるものではありません。

毎日続けることで徐々に効果が実感できるようになります。ストレッチもマッサージもお風呂上りの体が温まっている状態でやることでよりダイエットに繋がります。マッサージ後に体内が老廃物を出そうとして尿意を感じた場合はしっかりとマッサージができていて、マッサージの効果が出ているという「証拠」です。

ブロッコリーは栄養価が高く、優良な野菜

比較的に寒い時期の野菜であるブロッコリーは、栄養価が高い為毎日食べていきたい優良な野菜となります。

ブロッコリーは、アブラナ科の野菜であり、キャベツや大根、白菜や青梗菜などと同じ種類となります。ビタミンCが豊富でありながら、ビタミンB1、B2、ビタミンE、カリウム、クロム、鉄なども豊富に組まれている栄養価の高い野菜となります。

特に注目されているのは発ガン物質の毒性を抑えてくれる効果です。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、発ガン予防効果があります。ブロッコリーをすりつぶして肌に塗ることによって皮膚がんにも効果がある事がわかっています。

ブロッコリーはつぼみの部分だけでなく、茎の部分も食べる事が出来ます。特にビタミンCやカロテンなどは茎の部分に豊富に含まれているので、茎の部分も上手に調理していくようにします。

茎の部分はつぼみの部分よりも硬いため、調理の際には煮込む時間をずらす等の対策が必要となります。ブロッコリーはあまり加熱をしすぎると食感がなくなってしまうため、炒め物などをする際には、表面を強めに加熱するだけで調理を完了するようにします。

ブロッコリーは茹でて調理をする事が多いですが、茹でた後にもビタミンCを多く確保できる食材であるため、温野菜などに向いています。そして、シチューなどの煮込み料理に入れても、見栄えが良くなったり、食感を高める為の食材としても有効です。

ブロッコリーは、細かくカットすることにより、マヨネーズをつけて食べるサラダに向いています。ポテトサラダにトッピングする調理スタイルや、和風の味付けでお浸しなどにも向いているので、効果的にビタミンCを補給できる1品料理に向いています。

美味しいブロッコリーを選ぶには、粒の立っている詰まっているものを選ぶようにします。緑色が際立って濃くてカットされている切り口を確かめ、まだみずみずしくて黒ずんでいない切り口となっているブロッコリーが新鮮となります。

ビタミンCを充分にとれるありがたさを感じて野菜や果物を食べましょう

果物や野菜に含まれるビタミンCにはいろいろな効能があります。

白血球の働きを高めることで免疫力を強化したり、ストレスへの抵抗力を高めたりとありがたい効果がたくさんあります。

コラーゲンの生成にもビタミンCは関わっていて、ビタミンCがないとコラーゲンは作れません。

ビタミンCは赤ピーマンや黄ピーマンに多く100mg以上含まれています。

ビタミンCが多いイメージのレモンは100mgと意外と少なく柚子の150mgの方が多いです。

柑橘類はビタミンCが多いイメージがありますが、調べてみると意外と少ない気がします。

色々な効果があるビタミンCですが、実は不足すると大変なことになります。

日本の食文化ではではビタミンCがあまり不足することはなかったので、実感が湧かないかもしれませんが、ヨーロッパの方では大航海時代大変なことになっていたのです。

大航海時代にヨーロッパ諸国の船乗りは常に長期航海を行なっていました。

当時船乗りは大いに儲かったわけですが、船員の半数以上が死ぬのは当たり前でした。

なぜ、こんなに人が死ぬかというと長期航海で乗組員を襲う悪魔の病があったのです。

皮膚が乾燥して、うつ状態になりだんだんと身体のあちこちから出血するようになりやがって死に至る病。

今で言う壊血病です。

なぜ、こんな恐ろしい病になるかといえば、ビタミンCが不足するためです。

ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の合成に必要な栄養素です。

そのためビタミンCが不足するとコラーゲンなどが作れなくなります。

コラーゲンは皮膚や血管をなどを作る上で主要なタンパク質でこれがなくなると、柔軟性がなくなり、傷つきやすくなってしまうのです。

壊血病が身体のあちこちから出血するのはそのせいです。

海上生活では野菜や果物を食べることもできず、なぜ壊血病になるのか知識もないために防ぐ手段はありませんでした。

レモンやライムを摂ることで、壊血病が防げるという正しい知識が18世紀中頃には、発表されたらしいですが、色々な問題があり中々広まることはなかったようです。

このように猛威を振るった壊血病ですが、日本では問題になることはありませんでした。

日本は昔から野菜をよく食べる生活で、江戸時代には海外渡航は禁止されていましたので、ビタミンC不足で壊血病になる危険はほとんどありませんでした。

ビタミンB不足で脚気が流行ることはありましたが。

ともかくビタミンCは様々な効能があり、命にも関わるありがたいビタミンなのです。

ビタミンCを充分にとれるありがたさを感じて野菜や果物を食べましょう。