ブロッコリーは栄養価が高く、優良な野菜

比較的に寒い時期の野菜であるブロッコリーは、栄養価が高い為毎日食べていきたい優良な野菜となります。

ブロッコリーは、アブラナ科の野菜であり、キャベツや大根、白菜や青梗菜などと同じ種類となります。ビタミンCが豊富でありながら、ビタミンB1、B2、ビタミンE、カリウム、クロム、鉄なども豊富に組まれている栄養価の高い野菜となります。

特に注目されているのは発ガン物質の毒性を抑えてくれる効果です。ブロッコリーに含まれるスルフォラファンは、発ガン予防効果があります。ブロッコリーをすりつぶして肌に塗ることによって皮膚がんにも効果がある事がわかっています。

ブロッコリーはつぼみの部分だけでなく、茎の部分も食べる事が出来ます。特にビタミンCやカロテンなどは茎の部分に豊富に含まれているので、茎の部分も上手に調理していくようにします。

茎の部分はつぼみの部分よりも硬いため、調理の際には煮込む時間をずらす等の対策が必要となります。ブロッコリーはあまり加熱をしすぎると食感がなくなってしまうため、炒め物などをする際には、表面を強めに加熱するだけで調理を完了するようにします。

ブロッコリーは茹でて調理をする事が多いですが、茹でた後にもビタミンCを多く確保できる食材であるため、温野菜などに向いています。そして、シチューなどの煮込み料理に入れても、見栄えが良くなったり、食感を高める為の食材としても有効です。

ブロッコリーは、細かくカットすることにより、マヨネーズをつけて食べるサラダに向いています。ポテトサラダにトッピングする調理スタイルや、和風の味付けでお浸しなどにも向いているので、効果的にビタミンCを補給できる1品料理に向いています。

美味しいブロッコリーを選ぶには、粒の立っている詰まっているものを選ぶようにします。緑色が際立って濃くてカットされている切り口を確かめ、まだみずみずしくて黒ずんでいない切り口となっているブロッコリーが新鮮となります。

ビタミンCを充分にとれるありがたさを感じて野菜や果物を食べましょう

果物や野菜に含まれるビタミンCにはいろいろな効能があります。

白血球の働きを高めることで免疫力を強化したり、ストレスへの抵抗力を高めたりとありがたい効果がたくさんあります。

コラーゲンの生成にもビタミンCは関わっていて、ビタミンCがないとコラーゲンは作れません。

ビタミンCは赤ピーマンや黄ピーマンに多く100mg以上含まれています。

ビタミンCが多いイメージのレモンは100mgと意外と少なく柚子の150mgの方が多いです。

柑橘類はビタミンCが多いイメージがありますが、調べてみると意外と少ない気がします。

色々な効果があるビタミンCですが、実は不足すると大変なことになります。

日本の食文化ではではビタミンCがあまり不足することはなかったので、実感が湧かないかもしれませんが、ヨーロッパの方では大航海時代大変なことになっていたのです。

大航海時代にヨーロッパ諸国の船乗りは常に長期航海を行なっていました。

当時船乗りは大いに儲かったわけですが、船員の半数以上が死ぬのは当たり前でした。

なぜ、こんなに人が死ぬかというと長期航海で乗組員を襲う悪魔の病があったのです。

皮膚が乾燥して、うつ状態になりだんだんと身体のあちこちから出血するようになりやがって死に至る病。

今で言う壊血病です。

なぜ、こんな恐ろしい病になるかといえば、ビタミンCが不足するためです。

ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の合成に必要な栄養素です。

そのためビタミンCが不足するとコラーゲンなどが作れなくなります。

コラーゲンは皮膚や血管をなどを作る上で主要なタンパク質でこれがなくなると、柔軟性がなくなり、傷つきやすくなってしまうのです。

壊血病が身体のあちこちから出血するのはそのせいです。

海上生活では野菜や果物を食べることもできず、なぜ壊血病になるのか知識もないために防ぐ手段はありませんでした。

レモンやライムを摂ることで、壊血病が防げるという正しい知識が18世紀中頃には、発表されたらしいですが、色々な問題があり中々広まることはなかったようです。

このように猛威を振るった壊血病ですが、日本では問題になることはありませんでした。

日本は昔から野菜をよく食べる生活で、江戸時代には海外渡航は禁止されていましたので、ビタミンC不足で壊血病になる危険はほとんどありませんでした。

ビタミンB不足で脚気が流行ることはありましたが。

ともかくビタミンCは様々な効能があり、命にも関わるありがたいビタミンなのです。

ビタミンCを充分にとれるありがたさを感じて野菜や果物を食べましょう。